自分に合った歯科医院を探すにはココをチェック!

予防歯科にはかかりつけの医院が重要【一番いい歯科医院の選び方】

かかりつけの歯科医院を決めよう

歯医者には虫歯になってからしか行かない、という人はその都度歯科医院もころころと変えてしまう傾向にあります。歯医者はお口の健康を維持する為に行く、という考えに変えれば歯科医院は当然かかりつけを決めた方がよいのです。

歯科医が選ぶ!歯科医院を選ぶ時に重要視するポイントTOP5

治療
no.1

治療計画の綿密さ

歯科医自身が歯科医院を選ぶときに最も気にかけているのが治療計画をしっかり立ててくれるかどうか、だそうです。スタート時点の診断や治療が間違えていれば当然歯のトラブルは完治しませんから、治療計画が肝心という意見が1位に選ばれました。素人にも分かりやすいチェック方法としては初回の診療時間をたっぷりとって診断してくれるのはいい歯科医ということです。

no.2

不得意な治療は断る

患者側からしてみれば歯医者=歯の治療はなんでもできる、と思っていますが歯医者にも様々な専門分野があるのです。虫歯治療が専門なのか審美治療が専門なのかによって治療の精度も違ってきますから、専門性の低い分野の治療は正直に患者に伝え、適任の医者を紹介してくれるというのがいい歯科医ということで2位に選ばれています。

no.3

治療後に歯の写真を撮る

レントゲンは撮ったことがあるけど写真を撮られるイメージはない、という人は多いでしょう。しかし、いい歯科医はなるべく毎治療ごとに歯の写真を撮り患者に見てもらい、治療の進み具合や今後の方針を説明するのに利用するのだそうです。

no.4

治療前に歯科衛生士が診てくれる

歯科医院に行くと、女性のスタッフが準備をして先生にバトンタッチするというのはよくありますよね。あのスタッフには二通りいて、歯科助手かもしくは歯科衛生士です。歯科衛生士は国家資格を持った歯の衛生に関するプロで、治療前に口の中を綺麗に掃除してくれると治療の効果も得られやすいということです。

no.5

すぐに虫歯を削らない

他のポイントに比べると支持は少なめですが、すぐに虫歯を削らないことが大事だと考える歯科医もいるようです。実は虫歯は必ず削らないといけないわけではなく、薬を使って進行を抑えることもできるのです。歯は削るほどにもろくなり、削ったところからさらに菌に感染することもあるので安易に削る医師は良くないということです。

自分に合った歯科医院を探すにはココをチェック!

歯型

歯科医院はどう選ぶ?

歯科医が選ぶいい歯科医院のポイントは分かったものの、素人にはなかなか判断がつきにくいという問題がありますよね。その場合には以下のような部分を確認してみるとよいでしょう。

口元

コミュニケーション能力

先生と接してみて、しっかりと話を聞いてくれるかどうかをチェックしましょう。歯の健康には普段の生活環境も大きく関わりますので、初診の時にどこまで丁寧に患者の情報を引き出してくれるかはとても大切です。

治療

利便性は最後に考える

よくある歯科医院の選び方として、家から近い・営業時間が長いなどがありますが、そういった利便性は最後に考えるようにしましょう。いくら通いやすい歯科医院でも治療の技術が低かったり、希望する治療の専門外の医師しかいないとなると、結局治療に時間がかかってしまい長い間通わなければなりません。少し遠くても確実に短期間で完治できる医院を探した方がコストパフォーマンスはよいと言えます。

まとめ

いい歯科医院の選び方をご紹介してきましたが、いかがでしたか?歯科医自身が選んでいる歯科医院は素人ではチェックしない部分がたくさんあってとても参考になりますね。あなたも今日から虫歯予防に対する意識を高め、メンテナンスに通えるかかりつけの歯科医院をつくりましょう。

広告募集中